個別リハビリならお任せ下さい!

ウェルビスタ リハビリ通信

wellbista care studio rehabilitation magazine
vol.02

また、孫にカレーを食べさせたい!

パーキンソン病を乗り越えて、キッチンに立てた!

ウェルビスタ リハビリ通信 また、孫にカレーを食べさせたい!

informationお客様

神原 眞紀子様
女性/66歳/パーキンソン病
details
症 状 ふるえ・身体の固縮
発症からの期間 5年
ご利用頻度 週2回
成 果 根菜類が切れる様になった
家族に料理が作れる様になった
移動時の不安が解消された
ご利用プラン

1回120分の個別リハビリ×8回

引きこもりがちの今を変えたい

移動は家族の介助が必要、自分の家なのに階段の昇り降りでさえできない。徐々に気持ちまで後ろ向きになってしまい、自宅で閉じこもりがちでした。家族には心配をかけたくない、そしていつかまたキッチンに立ちたい。現状を変えたい思いを胸に、リハビリに取り組みました。

服の着脱も、階段の昇降も

ウェルビスタ リハビリ通信 服の着脱も、階段の昇降も

服の着脱も、
階段の昇降も

最初は、小さな動作ができるようになる、リハビリプランから取り組みました。徐々に服の着脱などがスムーズになり、だんだんと自信を感じるように。さらに2時間の個別リハビリを通じて歩行の改善に取り組んだ結果、介助なしで自宅の階段移動ができるようになりました。

大好きな料理が、またできる!

ウェルビスタ リハビリ通信 大好きな料理が、またできる!

大好きな料理が、
またできる!

一ヵ月間の集中リハビリの目標は「孫にカレーを作ってあげること」。 当初は、包丁を握る力が弱く、根菜類が固くて切れませんでした。リハビリ最終日、その成果を披露する意味で、カレー作りに挑戦。切れなかった人参もサクサクと。できたカレーを家族が食べてくれて、本当にうれしかったです。そして料理がまたできる、その喜びを感じ気持ちが前向きに明るくなりました。